2012年07月11日

いじくるつくーる・すっきり!!デフラグへのトレンドマイクロの攻撃

いきなり不穏なタイトルですが・・・

今は使っていませんが、恐らく大概の人が一度は使ったことがあるような有名なフリーソフトです
僕も昔はちょこっと使ったことがあります
少し前からトレンドマイクロがこのソフトの公式サイトをオンライン詐欺を行ったサイトだと断定して問題になっていました
で、ついさっきとうとう作者がトレンドマイクロの対応に激怒してソフトの更新を停止するという記事を見かけましたので、
ふっと思ったことを書いてみます

まずは事の経緯・・・といいたいところですが、
トレンドマイクロのウイルスバスターを入れている人が一度機能を停止しないと見れないかもしれません
で、止めたらここをさらっと見てください

おおざっぱにいうと、
ウイルスバスターの誤検知・不具合であるはずなんですが、
対応していますと言いながら事態を悪化させ、
あまつさえ直接会って話がしたいといってきて会談をしたにもかかわらず、
その時の話し合いを無視して被害者側に費用が掛かる対応を要求してきたということらしいです
つまり、自分ところの尻拭いを被害者に押しつけてるってところでしょうか
もっとも具体的なやり取りの内容は見れないので(リアルの会話なんて無理だしね)作者側の一方的な主張ではあるんですが、
少なくともオンライン詐欺をしていると表示されたというのは犯罪者に仕立て上げられたわけですから、
かなり被害の大きな名誉棄損に当たると思います

そのうえ、URLブロックを解除してると言いつつさらにブロック個所を増やすという詐欺付
むしろトレンドマイクロの方が詐欺ソフトでお金をだまし取ってるといっても良いんじゃないかなと思ってしまいます

昔はウイルスバスターを愛用していたんですが、
VistaあたりでインストールしたらOSが使えなくなるという事態に陥ってからはMSのセキュリティソフト(MS事態がまっとうなセキュリティソフトを入れるまでの仮対処ソフトですよと言っていますが)しかインストールしていません
ちなみにその後もしばらくはパーツを入れ替えた度に試しで入れては見たのですが、
やはりOS起動後にログインもしていないのにデスクトップの壁紙が表示されマウスカーソルだけが表示されて何もできなくなる不具合はそのままだったので、
今は始めから入れないようにしています

なんというか落ちぶれたな、トレンドマイクロって感じです
今回は被害者がそこそこ大手のフリーソフト製作者だったから多くの人の目に留まりましたが、
ひょっとしたら今までたくさんの被害者が泣き寝入りをしてきたのかもしれません

少なくとも今後僕はトレンドマイクロの製品を自分では使いませんし、
人にもお勧めできないと答えるでしょう

不具合や誤検知自体は他のメーカーでもたびたびあることです
が、その後の対応が企業の本質的な部分が見えてくると思っているので、
今回の対応を見る限りトレンドマイクロはかなり悪質だなぁと感じたので、
今回珍しくこういう内容の記事を書いてしまいました

今回の重要な部分
トラブルの有無よりも発生時の対応に誠意が感じられるかどうかが企業評価の大きなポイント
ですね
posted by 煉 at 16:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280332467
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。