2010年11月05日

ワイヤレスな入出力デバイス群

かなり放置していますがまだ生きています


以前からキーボードもトラックボールもヘッドフォンもワイヤレス環境ですが、
トラックボール、使用していたものが販売終了していたことを知ったのが去年の年末くらい
物はCordless TrackMan Wheel (CT-64UPi)(古いのでサポートページのみ)
で、ボールに傷が付いたりしていて(サブと交換したけど)かなりヘタってたのです

で、ようやくロジクールもワイヤレスの親指トラックボールを出してくれたのが先月の15日
で、折角だからということで、
最近頻繁にレシーバーとのセッションが切れまくっていたワイヤレスキーボードも同時に交換することに

で、このトラックボール
ワイヤレスの機構が新しい「Unifying」というレシーバーが使用されています
どうも中身は役立たずな「Bluetooth」のようですが、
PC、特に自作PCでキーボードに使えないBluetoothの弱点が克服されています
通常のBluetoothだと、OSが起動し、管理アプリが起動して初めてデバイスが使用可能になるため、
BIOSは触れません
つまり、BluetoothのキーボードはBIOSが触れないのでもう一つキーボードを用意しなければならないという意味不明な仕様になっているわけですが、
このUnifyingはハードウェア上でペアリングを行っており、
通電したらレシーバーとデバイスのやり取りが可能でBIOSも触れます
そして、ものがBluetoothなだけに複数のデバイスを一つのレシーバーで接続可能なので、
メインPCにUnifyingレシーバー一つで最大6台のデバイスが接続可能らしいです

つーわけで、このトラックボールがUnifying対応なので、ついでにキーボードも対応機種の一つ「Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800」を選びました

理由は、Unifying対応のキーボードが二つしかなかったこと、
もう一つがコンパクトタイプ、つまりキー配置がめちゃくちゃでまともに使えない代物だったため、
実質他に選択肢が無かったともいえます
とはいえ、このキーボードもネガティブな理由で選んだにしてはかなり出来がよく、
以前に使っていたメルコのそれとちがい、キー入力が飛ばない
イルミネーションのおかげで部屋が暗くても、あるいは長期使って印刷がはげるような事態になっても何のキーか分かる
ファンクションキーの上にへんなキーが無いため、
普段ユカにおいてるキーボードを取り出すといろんなアプリが起動してしまうことが無い
等、かなり僕の環境限定ではあるもののメリットが多く、
使用感はかなり向上しました

あと、ついでにヘッドフォンもかなりズタボロになっており、
コレも買い替え
ただ、今回はヘッドフォンでなくヘッドセット
過去にBluetoothのワイヤレスヘッドセットを購入してかなり後悔したので、
Bluetoothは当然避けました
で、またもやロジクール製
Logicool Wireless Headset H760
さっきからかなりべた褒めな感じがするけど、こいつは不満が在ります
まぁ、僕が眼鏡かけてるから、ネックバンドってあたりで装着感が悪いのは分かっていたけど・・・
オーバーヘッド型が無いのでやむを得ずってところですね・・

ちなみに、装着感以外の評価としては、
音のずれを感じない
理屈上は遅延があるはずなんだけど、
ゲームをやってても感じさせない程度なのでほとんど無いと思う
Bluetoothの時はモノラルのヘッドセットモード(音質もかなり悪く、100円イヤホンと同レベル)のときのみ遅延を感じないだけで、
ステレオヘッドフォンモード(マイクが使えない)でははっきりと音の遅延が感じられ、
実際に信長の野望オンラインやってみたらコマンドの入力が出来ていないのかと思って余計に入力しちゃって、
意図しない入力しまくりだったよ
多分、アニメなんで音ずれでかなりやばい状態になっていたと思う
かといって一々赤外線式のヘッドフォンt歩入れ替えるわけにも行かないしね
(音声の出力デバイスを変更した場合、起動中のアプリの音は全て聞こえなくなる
 デバイスの変更後に起動したアプリのみ適用される模様)

マイク性能に関しては、
スカイプの音声通話のテストとWindowsのマイク入力をモニタするってので確認した程度
まぁ、誰かに話しかけてしまえばいいだけなんだけどね

バッテリ容量に関しては、ちょい物足りない感じ
一日ONのままで聞いてると途中で尽きる

充電方式はマイクロUSBでPCから給電するんだけど、
キーボードも同じなので、
PCから離れるときにヘッドセットへ給電、
寝てる間や減ってきたときにキーボードへ給電
大体そんな感じで電池切れにならずに使える感じ

ちなみに、トラックボールは、付属の電池で発売日に買ってからずっと使ってるのだけど、
まだ残量が494日とかなり持つ
付属の電池の割には容量が多いのかもしれないけど、
松下あたりが出してる容量のでかさを売りにしている電池ならもっと凄そうな予感

なお、ヘッドセットだけはUnifyingじゃないので、レシーバーが別
本体の電源を入れたまま離れてしまうとペアリングが切れるので要注意
なので、はずすのが面倒という場合(トイレに行く程度の短時間のAFKとか)だと、
ヘッドセット本体の電源を切って、戻ってきたら電源を入れるとペアリングは切れないまま維持できるので、
あんまり困らない
けど、ペアリングが切れたらレシーバーの抜き差しでしか再認識出来ないのが不便っちゃぁ不便かな
Unifyingのほうは購入時に製品に付属しているレシーバーと本体のペアリングが設定されているので、
自作で別PCが無い場合に使うならトラックボール/マウスのレシーバーでなくキーボードのレシーバーを使うと良い

ペアリングの設定はソフトで行うため、
OSの起動が条件となる
ペアリングのやり直しもソフトを起動してからになる
やり方は簡単
ソフトでデバイスの追加を選んでから、
デバイスの電源を入れるだけ
切れた場合でも簡単にペアリングしなおせるので、
結構楽

あと、デバイスの電源があるため、
キーボードの掃除も楽

総じてお買い得ではあるものの、
時々トラックボールの入力が乱れる事がある
まぁ、メインで使っていたCT-64UPiとメルコpのキーボードをサブPCにつなぎ変えて現役だし、
無線LANのルーターも近くにあるし
混線しているのかもしれないねぇ
posted by 煉 at 03:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168318699
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。