2010年09月27日

ワイヤレスのトラックボール

をメインPCで愛用しています

サブ以下はワイヤードですが(。。

で、トラックボールを全てロジクールの親指操作型の物にしてます
メインで使っているものは、去年の年末くらいにバイトで一緒になった人からもう扱ってないよといわれてびっくりしたわけですが、
本日、ロジクールが新作を発表しました

Logicool Wireless Trackball M570
ようやくワイヤレスの親指トラックボールが復活じゃ〜と喜んでいるわけですが、
今回の目玉は多分Unifyingに対応したというところ

必死になってググってみると、
レシーバーごとにペアリング可能で、
1レシーバーにつき6台までペアリング可能

違うレシーバーで使うにはそっちでペアリングしないとダメで、
元のペアリングは同時に解除されるようです

同じセットを使いまわす人には不便と思いますが、
自室でメインPCとサブPCで使い分けたい僕には丁度いい感じ

あ、あと、重要なのが、ペアリングの部分
設定自体はソフトでしか行えないのだけど、
実効はハード上で行われている
ここがBluetoothと違う部分、かな

BluetoothはOSが起動し、ドライバ/管理ソフトまで起動しないと、ペアリングが実行されていない
ので、BIOSでは認識されない
ところが、UnifyingはOSが起動しなくとも通電すればペアリングが実行されるので、
BIOSはもちろん、一度設定を済ませたペアだと、PS3でも動かせちゃう、らしいです(現物は持っていないので、ググった結果だけのお話ですけどね^^;

これで、メインとサブにレシーバーを一つづつぶっさして、
このトラックボールとUnifying対応のキーボードを購入すると、
電波自体の干渉が無ければ十分に使い分けることが出来そうです
まぁ、色違いがないとどっちがどっちだか分かりにくくはなると思うけどw

トラックボールの発売日が来月の半ばなので、
なんとか買いたいところです・・・

今使ってるワイヤレスのCordless TrackMan Wheel (CT-64UPi)なんですが、
ボールそのものが何度か落とした際に傷が付いたようで一箇所引っかかる場所が在ります・・
使用頻度の関係で、サブに繋いでるTrackMan Wheel (ST-65UPi)とボールを入れ替えても、
サブのほうで引っかかるだけなので

つーわけで買い換えたかったってのと、
キーボードをいまはメルコのワイヤレスを使っているのだけど、
こいつが時々認識が途切れて再認識させなければいけなくなる
さらにメインのトラックボールと電波が混線するのか、
時々入力が飛ぶ

そーゆーわけで、
レシーバーをまとめておきたかったんですよね

もっとも、ハードウェアにスイッチがあって、
チャンネル切り替えでどっちのレシーバーと機器をペアリングするか変更できれば、
切り替え機も不要という更に便利なことになっていたとは思うんですけどね

まぁ2垢操作することがあるって条件下ではそこまでは要求しないのだけど、
一般用途としてはハードウェアスイッチでペアリング設定のほうが便利だったと思う
posted by 煉 at 13:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163907465
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。